K-House『愛犬と暮らす家 』は、予定よりちょっと遅れてのスタートととなり、現在基礎工事を行っております

DSCN9438
1か月前の7月末に地中の柔らかい土砂を固める地盤補強工事を行い、
根切という基礎が埋まる部分の穴を掘る作業から始まりました





DSCN9453
建物の壁ができるライン上に掘られた穴には砕石という地面が締め固まる石を敷き、鉄筋を並べていきます。





DSCN9485
鉄筋が敷き並べられたら、基礎コンクリートを半分だけ流し込みます。





DSCN9497
残りの半分は、鉄製の型枠を並べてその中にコンクリートを流し込みます。






DSCN9506
コンクリートは隅々までしっかり流れ込んでいくように振動機 を用いて丁寧に流し込みます。

ここまでがお盆までに行った作業




そしてコンクリートがしっかり固まるようお盆の間はそっとしておきました

このそっとしておく期間を養生期間と言い、良質なコンクリートを作るためにとても大切な期間です





DSCN9514
こうして出来上がったのがこちらです。




あとは基礎の周りの穴を埋めて平らにし、屋内部分の土間コンクリートを作ります。

こまめにレポートしようと思ってたんですが、8月は旅館のリニューアルのレポートを優先したためまとめてダイジェスト版で綴りました。

こちらのk-Houseは9月上旬に建前を行います。