お久しぶりです。
あっと言う間に2週間がすぎてしまいました。
ちょっとバタバタすると作文の苦手な理系君なのでこの通りです。

そういえば集成材の続きを忘れてました  前回の内容
IMG_1117

この集成材っていうのは何なのだってことですが、簡単に言うと薄い板を重ねてボンドでくっ付けたものです
この言葉の表現ですと、すごく脆い感じがしますが実はそんなことないのです。
薄い板を方向性を考えて均一に貼るため、むしろ無垢材よりも材料ごとのばらつきもなく安定した強度が保たれ、脆くないんです

また、もうひとつの特徴として、割れや狂いが少ないってことがあります。
無垢の材料は乾燥することで割れたり曲がったりします。ところが集成材は加工前に充分に乾燥してから貼りつけるため収縮率が小さいことで割れづらいです。先ほどの方向性を考慮したことが狂いの防止に繋がります。

それで、皆さんがよく心配するのがボンドが剥がれるんじゃないのってところ
下の写真を見てください。
集成材を断面方向にひき割った薄っぺらい板を手で割ったものです。
IMG_1118

黒いボンドのところではない場所で割れていることがわかります。
接着部より木の構成部分のほうが弱いことがわかります。
しかもこの黒いボンドは水にも強いのですよ。
でもこれはしっかりとJASの認定がとれたものでないと信用できないので注意が必要です。過去には非認定材が剥がれたって事例もあったようです。
このようにこちらの工場は集成材の特性も体感できます。

その他、木材の調湿効果を確認できたり
IMG_1122
IMG_1121
IMG_1120


断熱材の特性も見ることができます。

家は見た目も大事ですが、中身はもっと大事です。
アジュールではこうしたことを充分に理解してもらいながら家づくりを進めていきたいと考えております。
もし興味のある方はぜひ自分の目で見てもらいたいです。
ご連絡いただければ、ご案内いたしますので遠慮なくお申し付け下さいませ。
連絡先