一の宮の家にて
板塀がようやく完成しました
室外機や水栓が隠れて目的達成です。
家が全体的に良い雰囲気になりました。
やはり外構(エクステリア)をすると家の価値がグンと上がりますね。
DSCN4296
DSCN4297


裏側は強風や外力が生じた際にも、壊れにくいように鉄骨でしっかりと補強されております。
DSCN4294

前面道路はカーブしており見通しが悪い理由から、道路ぎりぎりまで板塀をしておりません。
でも、何かないと下のブロック境界が痛むということから庭師さんと相談して四つ目垣を施しました。
樹種は庭師さんにセレクトしてもらいやさしいモミジを植えてもらいました。
この板材は玄関戸同様に水に強い米杉を使用しております。
透明塗料ですがムラが出て、良い味を出しています。

既存倉庫の外壁工事が少し残っておりますが、これで一の宮の家もすべて完了ということになります。
現場監督の大野さんをはじめ携わってくださった皆さま、本当にありがとうございました。
これからもお客様が安心して暮らしていけるようよろしくお付き合い願いたいと思います。