お盆も明け若干涼しくなってきましたが、まだまだ暑いです。

一の宮の家ですが、既存建物は鉄筋コンクリートと木造とで造られておりました。

おじいさんが土木関係のお仕事をされていたようで、コンクリート部分は自作のようです。

すごいですね。

今日、現場に行きますと、木造部分がなくなりその鉄筋部分が姿を現しておりました。

60~70年代を物語るスタイルですね。

DSCN3246


ここからが時間かかるんだろうなぁ・・・



猛暑や豪雨により若干工程が遅れているのでちょっと気になりますが、

暑い中頑張っている作業員の方々、体調崩さずもうひと頑張りよろしくお願いします。



ちなみに着手前の同じアングルはこちら

DSCN3144